2012年04月14日

場違いでしょうか?

この年になって大学の校舎内をウロウロしていると、場違い感がありますね。
被害妄想でしょうか。
学部の新入生らしき男の子がエレベーターで挨拶してくれました。

元気が良いですね。・・・・ごめん、でも僕は先生じゃないんです。教務課の人でもないです。

本日の教室では参加者7名。
社会人組が多いですね。ちょっと安心しました。みなさんとても良い人です。

仕事で急に必要になってする調べ物の勉強と違い、
じっくり構えてやる税法の勉強は非常に面白いですね。今後が楽しみです。


次回までの課題は、「相続税法・法人税法における時価評価に関する条文について」です。
条文上にはあまり「時価」「その時における価額」の詳細は出てこないんですよね。
さてさて。
posted by 下町の税理士若林 at 17:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: