2012年04月26日

ピンとこないかな?

国税通則法の講義を受けています。
じつは最も重要な税法だからです。

でも一般の学生の皆さんにとっては、若干興味が持ちにくいというか、ピンとこない科目ですかね。

この業界にとっての基礎となる法律です。

野球で言うならキャッチボール。
柔道なら受け身、ゴルフならグリップ。
・・・くらい重要かと。


クライアントの申告納税の責を負って、通則法の重要性が身に沁みるようになるのでしょうか。

試験勉強している時代は計算の起算日なんてどっちでもいいじゃん」ぐらいなことは思っていました。
「郵便の到着も発信も興味なし、2・3日余裕をもって仕事すれば良いだけだし。」とかも言っていました。


若いって・・・。 反省。

posted by 下町の税理士若林 at 10:41| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: