2013年12月03日

久々すぎますね。

久々の更新です。
そもそもあまり書かないブログですが、書かなさすぎて、さすがに多少周りからツッコミが入りました。


春の入学からはや8カ月。
通常授業をどうにかこうにかこなしつつ、論文もきちんと進めています。

論文を書き始めると、書いてるそばから「足りないもの」がたくさん浮上してきます。
あれも調べなきゃ、これも読んどかなきゃ、資料取り寄せなきゃ・・・・

こんなで、これホントに収拾つくのかなー?」
と思わずにいられません。


春休みは、どんな駄文でもいいから一通り書いてみて、足りないものひととおりあぶりだして、
探して読んで、探して読んで、探して読んで、さがして・・・・・・たまに考えて。

でも春休み(1月〜3月)は、税理士業界の地獄のシーズンなので、どこまでやれるやら。



関係ないようなあるような話ですが、雑談でこんな話したことありません?
『未来の世界のネコ型ロボットに、一つだけ道具をだしてもらうとしたら、何が良い?』
(ただしスペアポケッ〇禁止で)

残業した帰りは「ど〇でもドア」、
一夜漬けのテストの前は「あん〇パン」、
スケジュール過密のときは「コピーロボッ〇」  あ、これは作品が違う。ウッキー。

でも勉強して、論文書いてる時に欲しいのは、

「眠らなくても疲れない薬(正式名称不明)」ですね。

楽をしても、何かを省略してしまっても、勉強は意味がないですもんね。
便利すぎる道具は価値ゼロです。

でも勉強は眠いので・・・zzz

posted by 下町の税理士若林 at 22:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: